Pagetop
FORWARD/ENGLISH SCHOOL FOR CHANGE

繰り返しの極意ースピーチに磨きをかける!

2015.06.21

今回はスピーチについてのブログです。


FORWARDの必須クラスのひとつ、通称「MISクラス」、Makoto Ishiwata Specialクラスでは、皆さんにパブリックスピーチについて学んで頂いています。


クラスは、朗唱、そして3分間フリースピーチの2つのパートに分けられていますが、このPublic Speakingのブログカテゴリでは、主に「3分間スピーチ」のレッスンをベースに、様々な技法について紹介していきます。


既にクラス内ではお伝えしていることですので繰り返しになりますが、是非改めて確認してみてください。


さて一つ目のテーマは「1つのスピーチを磨き上げる」です。


2014年度からフォワードMISクラスでは「ひとつの3分間スピーチを何度も作り直し、磨き上げる」ことを課題としています。


既に実践されている方は理解されているかと思いますが、毎度新しいスピーチをするのではなく、一つのスピーチを何度も何度も校正し、編集しなおすことで、一層良いスピーチが出来上がります。


“Toastmasters”というパブリックスピーチ、リーダーシップを学ぶ国際的な非営利団体ご存知でしょうか。126か国で約31万人の会員が学んでいるのですが、その世界大会のチャンピオンを目指す人達は、同じスピーチを1年間かけて、何十回も、時には何百回も各地で披露し、聴衆から感想や論評を集って磨きをかけていくのです。


FORWARDの受講生の方にも、すぐに新たなスピーチに取り組むよりも、こうして1つのスピーチを磨き上げる、ということに取り組んでいただいています。


FORWARDの受講生、Daisukeさんの例をご覧頂きますね。


○最初のスピーチ 2014年8月28日のクラスで初発表された、“Don’t Rush” です。3分弱のスピーチの後に、他の受講生や石渡先生による具体的なフィードバックや提案もありますので、そちらもご覧下さい。




○Daisukeさんは、その後、MISクラス内でスピーチを合計10回披露し、毎度磨きをかけていきました。


そして、結果、2015年1月18日にはスピーチ大会出場スピーカーにも選ばれました。その時のスピーチがこちらです。




素晴らしいスピーチに仕上がっていますよね。


このように、受け手から様々なフィードバックを受け、実践と編集を重ねることで良いスピーチを作り上げていく、この過程もスピーチ作りの醍醐味です。是非実践ください!


こちらのブログでは、MISで実践している、スピーチテクニックも紹介していきますので、是非、一つ一つ確認していただき、自分のスピーチと照らし合わせてみてくださいね。


Happy Learning!

ホーム

FORWARDとは
代表メッセージ
著書のご案内
カリキュラム
受講システム
入学までの流れ
ガイダンス・ワンデープログラム申込み
受講生の声
ハイブリッド英語プログラム
ニュース一覧
リトルステップス
ビデオクリップ
リンク集
サイトマップ
アクセスマップ
受講生用ページ
   
FORWARD Youtube
英語力と発信力を鍛える学習法
FORWARD スクールブログ
FORWARD Faccebook
石渡 誠のHonestly Speaking - USTREAM
FORWARD Twitter
石渡 誠ブログ
石渡 誠 Facebook
石渡 誠 Twitter
運営会社
個人情報保護方針
   
   
   
   
   
   
   
Copyright © FORWARD English School for Change All Rights Reserved.